有料老人ホームを利用しよう【毎日快適に過ごせちゃう】

介護の強い味方

料理

介護食の準備に役立つ食品

超高齢社会となり、誰もが介護をし介護をされる時代になりました。そのような中介護をする(される)人にとって悩みの種の一つが食事です。嚥下が困難であれば、誤嚥の恐れがありますし、かといってしっかりと食べないと体力がすぐになくなり、要介護度が進むということもあります。配食サービスの活用も方法の一つですが、同居家族がいると利用できなかったりする場合もあります。しかし家族が準備するとなっても、1日3度の食事の準備は容易ではありません。特に、妻や親を介護する男性介護者なら慣れない調理の連続で悩んでいるケースも多く見受けられます。そこで活用したいのが介護食品です。介護食品といっても様々なものがありますが、もっとも簡単なのは、レトルト食品や缶詰と同様の形で販売されているものが多数出ています。今やコンビニでも販売されていることも多く、おかゆ等だけではなく、骨のない魚の煮付けや各種おかずも手軽に購入することができます。値段は商品で様々ですが、おおむね数百円で販売されていますので、お手頃です。もちろん、毎食介護食品となればコストもかかりますので、自宅で作る食事や通所サービス等での食事などとのバランスを勘案し、活用するとよいでしょう。また、こうした介護食品は栄養価も高いので、その点も魅力的です。購入方法としてはドラッグストア等の小売店でも可能ですが、ネット上ではまとめ買いをすることもできます。そうすれば、少しずつ購入するよりも安く手に入れることができます。また小売店でもまとめ買いを対応してくれる場合もありますので、相談してみると良いでしょう。

Copyright© 2018 有料老人ホームを利用しよう【毎日快適に過ごせちゃう】 All Rights Reserved.