有料老人ホームを利用しよう【毎日快適に過ごせちゃう】

食べる喜びは生きる喜び

料理

食事の悩みの解決のヒント

介護と食事を連想して考えたとき、ミキサー食や刻み食をイメージする人が多いのではないでしょうか。飲みこみの機能が衰えている人にとってミキサー食や刻み食は、実は誤嚥しやすい食べ方だということは分かってきました。人は食べ物を口に入れ、咀嚼し、唾液と混ぜ合わせ口の中に「食塊」というものを作ります。この食塊が飲みこみやすく、誤嚥になりにくいとされています。つまり、形のあるものであり、かつ柔らかいものが介護食として適当ということになります。そうなると、毎食準備をする家族の負担は大きくなります。そんな時に活用したいのが介護食品です。介護食品の多くはレトルト食品のような形で販売されています。介護食品も日進月歩進化しており、おかゆや雑炊のようなものばかりではなく、肉じゃがや煮魚など、しっかりとしたおかずも大幅に増えています。こうした介護食品は減塩していることが多いのですが、様々な工夫によりしっかりした味付けになっていることが多くあります。また、ミキサー食よりも形の残っている食事ですので、要介護者の食が進むことが多くあります。なかなか食事を口に入れてくれないという家族の悩みもありますが、その辺りを解消してくれます。また日々の食事作りと介護食品をうまく組み合わせることで、介護負担の軽減にもつながります。食べる喜びは生きる喜びでもあります。つまり介護食品は、要介護者の生きる喜びを引き立てる効果もあるといえるのです。

Copyright© 2018 有料老人ホームを利用しよう【毎日快適に過ごせちゃう】 All Rights Reserved.